CICC TOPメニューへ戻る開催概要レポート(論文)


  2. 事業概要 (SEISA)

本研修プログラムは、@途上国一般に認識されていない国際標準の重要性Aさらには専門家に対して不足している技術解説、の2分野に分けてより効果的成果を得られるよう広く対象途上国のキーパーソン民一般と標準化専門家に対象を分けた研修を行った。

   本研修の特徴は、まず、
@国際標準の重要性が認識されていないモンゴルで、広く啓蒙活動を行うため、政府高官を集めて国際標準の重要性を講義する。この啓蒙活動により、国内での理解度を深めるため出来るだけ多くの研修参加者を得るとともに、閣僚などの関心とサポートを得る講義をおこなった。さらにアジア途上国の各国標準化専門家から強い要望のあった、
A国内規格への反映などの技術解説を増やし、各国の標準化専門家の疑問に応える。2分野に研修をわけ、より高度の成果を狙った。同時に各国の実情の調査聞き取り討論等を通し、今後の国際標準化活動に資することを狙いとした。





アジアIT標準化の推進メニューへ戻る