会員ログイン:
*アジア各国ITニュースは、
 ここから読めます。
 
 ユーザ名
 
 パスワード
 
次回から自動ログイン
パスワード紛失
 
 
 
お問い合わせ先
 

サイト内検索


開催内容詳細>>記事詳細
2018/08/06
【CICCセミナー】「世界各国がアジアを舞台に広げ
るスマートシティ産業、各国IT化動向」詳細と募集
要領画像
■━━━━━━━………‥‥‥・・・・・・‥‥‥………━━━━━━━■
 セミナー
 「世界各国がアジアを舞台に広げるスマートシティ産業、各国IT化動向」
                     詳細と募集要領
■━━━━━━━………‥‥‥・・・・・・‥‥‥………━━━━━━━■

7月30日付で通知いたしました掲題セミナーに関して、詳細・募集
方法を御連絡いたします。

ご応募をお待ちしております。

なお、アジア情報化レポート2018年版全6種は、当日、会場におきまして
ご覧になることができます。
会場でレポートの割引販売受付も予定しております。


■日時: 平成30年9月6日(木)13:30〜16:30

■場所: JJK会館 2階会議室
           東京都中央区築地4-1-14 
     (地図:http://www.jjk.or.jp/map.html)
      ・電話:03−3546−5306

■参加費無料

■プログラム: 

 【第一部】
  13:30 〜 14:30 
   「世界各国がアジアを舞台に広げるスマートシティ産業」
       亜細亜大学 都市創造学部 岡村久和教授

   スマートシティの第一人者である亜細亜大学の岡村久和教授をお招きし、
   世界の国々がアジアを舞台に展開し、一大産業となったスマートシティに
   ついて、その産業としての現状と、日本企業の課題についてご講演いただ
   きます。
   普段、メディアなどで知ることが難しいアジアのスマートシティ案件の実態や、
   ビジネスを進める上でのポイントなど、岡村教授の豊富な経験と知見に
   触れられる絶好の機会となっておりますので、奮ってご参加ください。

 【第二部】
  14:45 〜 16:30
   ●アジア各国IT化動向(CICC職員による)

  毎年実施してまいりました、当財団職員によるアジア各国IT化動向のご紹
  介を行います。
  本年は下記の通りのテーマでそれぞれ発表いたします。
    
  1.「アジア各国IT動向比較」 
     〜国際ランキングの中のアジア各国比較〜
       情報調査部調査課長代理 白倉裕子

  2.「ベトナム最新IT事情」 
     〜日越共同イニシアチブ状況とIT関連プロジェクト〜
       企画部長        市川欽也

  3.「ミャンマー最新IT事情」 
     〜ミャンマーのIT系大学からのインターン生受け入れ支援状況〜
       協力事業部長      篠原和広

  4.「インド最新IT事情」 
     〜変化するインドのグローバル・インハウス・センター(GIC)〜
       企画部部長代理     川畑博子

  5.「インドネシア最新IT事情」 
       企画部担当部長     西村薫

  6.「タイ最新IT事情」 〜IT関連政策と最近のプロジェクト〜
       情報調査部長      塩飽裕彦


■お問合せと申し込み:
    一般財団法人国際情報化協力センター(CICC) 
    担当:総務部 増田
    e-mail:info-e.gif
    Tel:03-5807-5041 / Fax:03-5807-5045

以下の返信用フォーム部分をメールで info-e.gif
にお申し込み下さい。
先着順とし、定員(144名)に達した場合は、ご聴講をお断りすることが
ございます。
お早めにお申し込みいただけますようお願い申し上げます。
なお、同一グループから多数の参加ご希望がある場合は、当方にて
調整させていただく場合があります。

■========参加申し込みフォーム=========■
 平成30年9月6日(木)13:30 〜 16:30
 「世界各国がアジアを舞台に広げるスマートシティ産業、各国IT化動向」

[ご所属(貴社名・貴団体名)]
[所属部署]
[役職]
[ご芳名]
[E-mail]
[TEL]
[CICCとの関係]
 □賛助会員/ □登録専門家 / □関係者(        ) /
 □非賛助会員
[本セミナー案内の入手方法]
 □CICCウェブサイト / □CICCからのメール /
 □その他(     )
■============================■




=======【以下、7月30日掲載】======


■━━━━━━━………‥‥‥・・・・・・‥‥‥………━━━━━━━■
  セミナー
   「世界各国がアジアを舞台に広げるスマートシティ産業、
                     各国IT化動向」の開催
■━━━━━━━………‥‥‥・・・・・・‥‥‥………━━━━━━━■
 
 当財団では、アジア各国の情報化動向を取りまとめたアジア情報化
レポートを2004年以降毎年発行しておりますが、この度、2018年版
全6種(タイ、ベトナム、インドネシア、インド、ミャンマー、各国
比較)を8月に発行いたします。
 この機会に、近年注目を集めるスマートシティに焦点を置いたセミ
ナーを開催いたします。スマートシティの第一人者である亜細亜大学の
岡村久和教授をお招きし、世界の国々がアジアを舞台に展開し、一大
産業となったスマートシティについて、その産業としての現状と、日本
企業の課題についてご講演いただきます。
 普段、メディアなどで知ることが難しいアジアのスマートシティ案
件の実態や、ビジネスを進める上でのポイントなど、岡村教授の豊富な
経験と知見に触れられる絶好の機会となっておりますので、奮ってご参
加ください。また、岡村教授の講演のあと、毎年実施してまいりました、
当財団職員によるアジア各国IT化動向のご紹介を行います。
 なお、今回のセミナーは、CICC賛助会員に加え、一般の方々もご参加
いただけます。募集方法は後日ご案内いたします。

■日時:平成30年9月6日(木)13:30〜16:30
■場所: JJK会館 (東京都中央区築地)
■参加費無料 
■プログラム: 
【第一部】
 13:30 〜 14:30 
  「世界各国がアジアを舞台に広げるスマートシティ産業」
        亜細亜大学 都市創造学部 岡村久和教授【略歴は下記】
【第二部】
 14:45 〜 16:30
  アジア各国IT化動向(CICC職員)
             (詳細は後日発表します)


■講演者 略歴■

岡村久和(おかむら ひさかず)

亜細亜大学 都市創造学部 教授、国際交流委員長

 1955年 東京都新宿区生まれ
 1978年 早稲田大学商学部卒
 1982年 日本IBM入社
 2003年 環境ビジネス立ち上げ。
 2004年 ハーバード短期ビジネススクール
 2009年 スマーターシティ事業 部長
 2011年 米IBM公式  ニューオーリンズ市長支援チーム 
 2011年 内閣府 環境未来都市支援委員  総務省 地域情報化アドバイザー
 2012年 瀬戸内市 日本最大230MWの太陽光発電所事業立ち上げ 
       ソーラー発電所IT構築
 2013年 内閣官房 IT総合戦略室 パーソナルデーター・技術WG委員
       川崎市臨海地区帰宅困難者対策協議会アドバイザー
 2015年 日本IBM 退職 
 2016年 亜細亜大学都市創造学部 教授
 2017年 同    国際交流委員長就任

[業務経歴]
 2009年  北九州市スマートコミュニティ発足
 2009年  経産省 スマートコミュニティ立上
 2010年  インド デリームンバイ大動脈構想
 2011年  ”スマートシティウィーク“  創設
 2011年  東日本大震災対策 IBMグローバルチームリーダー
 2011年  内閣府 環境未来都市支援委員 
 2011年  総務省 地域情報化アドバイザー
 2012年  川崎区臨海部帰宅困難者対策協議会アドバイザー
 2012年  神戸市環境未来都市アドバイザー
 2012年  日本最大太陽光発電事業1100億円230MW (瀬戸内市)
 2013年  内閣官房 IT総合戦略室 パーソナルデーター・技術WG構成員
 2015年  日本オーストリア交流委員会 副委員長
 2015年  電子政府委員
 2015年  超小型木質バイオマス VOLTER40 事業創設
 2016年  「スマートシティに最も影響ある 世界の50人」に選出

[著書]
 ・「IoT時代のビッグデータビジネス革命」  (インプレス) 2018年
 ・「スマートシティ」(アスキーメディアワークス)  2011年
 ・「Creating, Analyzing and Sustaining Smarter Cities 」
                        イギリス 2017年 7月
 ・「スマートグリッド教科書」 (インプレス)    2011年
 ・「ソーシャル社会が日本を変える」(アスキーメディアワークス)2011年
 ・「地球企業への変革」 (工業調査会)

以上