会員ログイン:
*アジア各国ITニュースは、
 ここから読めます。
 
 ユーザ名
 
 パスワード
 
次回から自動ログイン
パスワード紛失
 
 
 
お問い合わせ先
 

サイト内検索


menu_ciccshoukai001.gif
bt_menu_aisatsu-a.gifbt_menu_gaiyou-b.gifbt_menu_soshiki-a.gifbt_menu_sanjokaiin-a.gifbt_menu_jimusyo-a.gifbt_menu_enkaku-a.gifbt_menu_teikan-a.gif

ciccgaiyou.gif
hajimeni.gif



  • 一般財団法人 国際情報化協力センター(CICC)は、1983年6月に設立され、国際
    情報化協力事業を通じて、発展途上国等諸外国の情報化の進展に協力すること
    により、国際相互理解の促進及び我が国の経済協力、産業協力の推進に貢献し、
    もって我が国情報産業の国際展開及び産業発展に寄与することを目的に活動し
    ています。

  • CICCは永年にわたる事業活動を通じ、特にアジア各国・地域の政府及び関係機
    関との緊密な組織的、人的ネットワークと信頼関係を有しています。これはCICCの
    大切な資産となっています。

  • CICCの人材育成事業では2010年度末迄に約5,500名の研修修了生を送りだし
    ました。研修生の多くは、政府機関、大学、企業、コミュニティ等にてキーパーソン
    として活躍しており、又、CICCの活動の力強い支えとなっています。

  • CICCではまた、CICCの有する資産を活用して、会員企業を始め、日本のIT産業
    のアジアにおける業務展開に協力する活動も積極的に行っています。その成果は
    関係機関より高い評価を受けています。





kakehashi.gif



  • 発展を続けるアジアは、日本にとってますます重要な地位を占めるようになって
    きています。CICCは設立以来、情報化協力や情報化支援を通じて、日本とアジアの
    国々・地域をつなぐIT分野における懸け橋として、積極的な活動を続けています。
       
   



  • アジアにおけるさまざまな事業活動を通じ数多くの人脈、情報化事情の広い知識、情報化に係わる豊富な経験とノウハウの蓄積持っています。

  • その活動は、IT人材育成、IT利活用の普及促進等の面でアジア各国・地域で大きな評価を得ており、高い知名度を持っています。

  • こうした永年の信頼関係のもとでCICCは、日本とアジアの産業界、学界、政府機関、コミュニティを結ぶ優れた懸け橋として積極的な活動を続けています。


a bridge-1.gif


gaiyou.gif


1. 設立 1983年 (昭和58年) 6月1日

 
2. 事業目的 アジアをはじめ世界の発展途上国の情報化を支援することにより、これらの国々の経済社会の発展に寄与するとともに、我が国情報技術 (IT) 産業の国際連携を推進することを目的としています。

3. 事業内容 現在は、アジアの国々を主たる対象として以下の事業を推進しています。

1) アジアにおけるIT協力対話の推進
2) アジアにおけるIT利活用推進への支援協力
3) アジアにおけるIT関連情報の収集・提供
4) アジアにおける情報化に関する普及啓発及び情報化基盤整備に関する支援協力
5) アジアにおけるIT利活用等に関する調査

4. 関係機関 経済産業省独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)情報処理推進機構 (IPA)独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)独立行政法人国際協力機構(JICA)一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)一般財団法人海外産業人材育成協会(AOTS)並びに賛助会員企業等
kouryu.jpg